オンカジ小話集」カテゴリーアーカイブ

マーチンゲール法とモンテカルロ法は結局稼げる方法なのか

マーチンゲール法とモンテカルロ法は稼げる方法なのか、結論を先にいえば、オンラインカジノにおいては稼げるものの一気には稼げないという点に行きつきます。
では、なぜそんな結論に行きつくのでしょうか。

今回はマーチンゲール法とモンテカルロ法について、どのようにして稼ぐ方法なのか、利益はどうなのかについて紹介します。
これを読めばマーチンゲール法とモンテカルロ法の稼ぎ方について分かるのではないでしょうか。

マーチンゲール法とモンテカルロ法は基本的に稼げる

マーチンゲール法とモンテカルロ法は基本的に稼げる

マーチンゲール法とモンテカルロ法は基本的に稼げます。
マーチンゲール法は、理論上一回でも勝てば、損失をすべて回収し、利益を出せます。
モンテカルロ法も記載した数列が1つのみ、またはすべて消せればマーチンゲール法同様に損失を回収し、利益をもたらす攻略法です。
このように理論的には、継続が可能であれば最終的に損失分を回収し、利益をもたらせる攻略法といえます。

このようにマーチンゲール法とモンテカルロ法は基本的に稼げる理屈になります。
しかし、配当が1.95倍(バカラのハウス・エッジによる手数料徴収など)になるゲームの存在をはじめ、それ以外の要素によって実際はそのように行かないケースも否定できません。
そのため、マーチンゲール法とモンテカルロ法は確実に稼げるとは言い切れない点に注意も必要です。

マーチンゲール法とモンテカルロ法は稼げる金額がとても少ない

マーチンゲール法とモンテカルロ法は継続さえできれば、基本的には稼げる攻略法です。
しかし、稼げる金額がとても少ないという点に注意が必要であり、それが冒頭でお話しした一気に稼げない理由です。

まず、マーチンゲール法は最初にベットした金額分しか利益が出ません。
例えば、スタートが0.1ドルだったとすれば、いくら負けが込んで損失分を回収したとしても最終的に出る利益は0.1ドルです。
1時間以上粘って最終的に0.1ドルだったとしたら、とても効率の悪い攻略法です。

モンテカルロ法もマーチンゲール法ほどではありませんが利益が少ない攻略法です。
こちらは負けが込めば発生する利益もわずかですが少しずつ増えていきます。
しかし、一回で最初のベット金額の数百倍の利益を出すというのは難しく、トータルのベット金額の数%程度の利益です。
投資に置き換えれば一時間当たりの利率が数%以上というのは驚異的な数字ですが、カジノの攻略法で考えると少額と言わざるを得ません。

このように一ゲームの勝率は、マーチンゲール法とモンテカルロ法ともに高いものの、得る利益はとても少ないのが弱点です。

マーチンゲール法とモンテカルロ法はゲーム数で勝負

マーチンゲール法とモンテカルロ法はゲーム数で勝負
マーチンゲール法とモンテカルロ法は一ゲームで得られる利益がとても少ないのが弱点です。
そのため、ゲーム数をとにかくこなして利益を積み重ねていく必要があります。
そのため、一定時間にいかに数多くのゲームをプレイするかがポイントです。
こういったゲーム数を積み重ねる方法として、高速モードの使用やすぐに結果の出るソフトウェアゲーム方式、迅速なベット金額が算出できるアプリや無料ゲームでの練習が必要です。

オンラインカジノには高速モードを搭載したゲームがリリースされています。
このゲームを利用すれば一定時間にたくさんのゲーム数をカウントできます。
高速で進むゲームテンポで利益をこまめに積み重ねていけるでしょう。

マーチンゲール法とモンテカルロ法が使えるカジノゲームは、ライブカジノでも利用できます。
しかし、ライブカジノは人の手によってプレイが進むため、ハイスピードでも限界があります。
また、こちらのテンポに合わせるのが難しいので、そういった意味でも相性がよくありません。
テレビゲームのようなソフトウェアゲーム形式のカジノゲームであれば効率よく利益が出せます。

アプリを利用すれば、ゲーム結果の入力だけで迅速なベット金額の計算を行ってくれます。
これもゲーム数を増やすのに有効です。
更にこういったゲームの操作を素早く行うために日ごろから無料ゲームで練習するというのも良いかもしれません。

オンラインカジノでは賭け条件の壁がある

オンラインカジノでは賭け条件の壁がある
このように確実に利益を積み重ねられるマーチンゲール法とモンテカルロ法ですが、オンラインカジノには賭け条件の壁があります。
この賭け条件は、受け取ったボーナスの数倍以上の金額をトータルでベットしなければ出金できないという条件です。
一見マーチンゲール法とモンテカルロ法を使ってたくさんゲームをすればいいと思われがちです。
しかし、攻略法に対応しているテーブルゲームは軒並み賭け条件の判定金額が低い事実があります。

例えば、ブラックジャックで10ドル分遊んだとしても判定率が10%であれば1ドル程度の判定になってしまうのです。
こういった条件なので、実質倍率が10倍以上になることも多くあります。
こういった賭け条件の壁によって、いくらコツコツ稼いでも出金できない状況になってしまうケースも否定できません。

こういったトラブルを回避するための方法は2つあります。
賭け条件の低いオンラインカジノを選んだり、ボーナスの受け取りを拒否できるオンラインカジノを選んだりといった行為です。
こういった点に留意するのもマーチンゲール法とモンテカルロ法を成功させるためのコツです。

カジノシークレットのスロットマシンランキング・プロバイダー編

 カジノシークレットは2018年12月にオープンしたオンラインカジノです。
運営はマルタ共和国の「CS LITTO LIMITED」という企業が行っています。
ライセンスは取得が難しいと言われるマルタ共和国発行のライセンスを取得しています

 カジノシークレットの特徴は「ウエルカムキャッシュバック」・「インスタントキャッシュバック」に代表されるキャッシュバックにあります。
しかも、キャッシュバックされた賞金は賭け条件がありません。

 そんなカジノシークレットは、設立以降契約するプロバイダーを増やし、同時にスロットマシン数も増やしています。
現在では契約プロバイダー数は30社以上となり、提供されるスロットマシン数も3,000機種を超えています。

 そこで、カジノシークレットのスロットマシンのリリース数をプロバイダー別にランキング形式で紹介していきます。

第1位Microgaming社・258機種

第1位Microgaming社・258機種
 カジノシークレットのスロットマシンで圧倒的なリリース数を誇るのは、老舗大手プロバイダーのMicrogaming社です。
Microgaming社は第三者機関の「eCOGRA」の設立に大きく貢献した企業としても知られています。

 カジノシークレットでリリースされているMicrogaming社のスロットマシンは他のオンラインカジノでのリリー数と比較しても格段に多いです。

 Microgaming社は映画やドラマとのコラボスロットでもよく知られています。
カジノシークレットでは1986年公開映画の「HIGH LANDER」、2015年公開映画の「Jurassic World」、人気ドラマシリーズの「Game of the Thrones」などが楽しめます。
また、Microgaming社はジャックポット搭載スロットマシンが豊富であることでも知られています。

第2位Play’n GO社・159機種

 1997年に設立した企業をベースにプロバイダー事業に参入し、2004年Play‘n GO社として運営を始めたプロバイダーです。

 非ダウンロードタイプゲームの普及に大きく貢献し、斬新な新しい仕様を取り入れ、多彩なバリエーションを持ったスロットマシンを開発したことから人気が急上昇し、現在の地位を確立しています。

 カジノシークレットでは人気の「Moon Princess」をはじめとして159種ものPlay‘n GO社のスロットマシンが楽しめます。

第3位Red Tiger社・116機種

 Red Tiger社の設立は2014年で、プロバイダー企業としての歴史は浅い企業です。
オンラインカジノ業界を駆け上がるようにスロットマシンの配給数を伸ばしてきた企業です。

2019年に大手老舗プロバイダーのNetEnt社からの買収契約に応じ、現在はNetEnt社に統合されています。
しかし、Red Tiger社ブランドでのスロットマシンのリリースを続け、新しいスロットマシンのリリースも行っています。

カジノシークレットで人気があるスロットマシンとしては「Dragons Fire」・「Da Vinci’s Mistery」・「Mystery Reels」などがあげられます。

第4位NetEnt社・114機種

第4位NetEnt社・114機種
 NetEnt社の設立は1996年です。
オンラインカジノの誕生と共に企業が生まれ、オンラインカジノの普及と共に成長してきた企業と言えます。
傘下に収めたRed Tiger社に次ぐ第4位というランクは少し意外です。

 カジノシークレットでのNetEnt社の提供するスロットマシンで人気が高いのは、「Star Burst」です。
日本人プレイヤーが高額配当を手にしたことでも知られるスロットマシンです。
また、「Dead or Alive」・「Gonzo Quest」などのスロットマシンも人気があります。

 NetEnt社は、Red Tiger社を傘下に置き、オンラインカジノのスロットマシンプロバイダーとして業界を牽引する役割を担うことになるであろう企業と言えます。

第5位Pragmatic Play社・113機種

 カジノシークレットのスロットマシンリリース数の第5位のプロバイダーは、Pragmatic Play社です。
第3位から第5位までは実に僅差で、新しいスロットマシンのリリース状況によっては明日にでもランキングに変動が生じるほどの激戦です。

 Pragmatic Play社の設立は2015年と比較的新しい企業と言えます。
たった数年で大手と呼ばれる地位まで登ってきた勢いには感服します。

 Pragmatic Play社のスロットマシンはジャックポット機能があるスロットマシンが多くあります。
「MINI」・「MINOR」・「MAJOR」など3段階の定額ジャックポットのあるスロットマシンです。
また、ボーナス獲得時に一撃配当の可能性があるスロットマシンが多いのも特徴と言えます。

 カジノシークレットでは、「The dog house」・「Sweet Bonanza」などの機種が人気となっています。

その他のプロバイダーは

その他のプロバイダーは
 これら上位ランクインしたプロバイダー以外にも「WAZDAN」・「RELAX」・「QUICK SPIN」「Big Time Gaming」・「Push Gaming」・「NOLIMIT CITY」・「Golden Hero Gaming」など数多くのプロバイダーのスロットマシンが提供されているのもカジノシークレットの特徴の一つです。
特に新規参入プロバイダーの採用は非常に積極的に行われているのもカジノシークレットの魅力の一つと言えます。

カジノシークレットのスロットマシンランキングのまとめ

 カジノシークレットのスロットマシンランキングで、突出してMicrogaming社のスロットマシンのリリース数が多いのには驚かされます。
また、ランキング第3位から第5位までの差はたったの3機種です。
ちなみに第6位にランクインしたのは、「WAZDAN」で、そのリリーススロットマシン数は88機種です。

 ここにカジノシークレットの特徴が垣間見れることとなります。
カジノシークレットは幅広く、数多くのプロバイダーとの契約を行い、多くの多様なスロットマシンが遊べるオンラインカジノと言えるということです。
斬新なアイデアと新しい仕様を取り入れた将来性のあるプロバイダーをカジノシークレットで見つけるというのもオンラインカジノの1つの楽しみ方といえそうです。

シンプルで分かりやすいペイトラの魅力

シンプルで分かりやすいペイトラの魅力

ペイトラって何?

ペイトラは、オンラインカジノを手軽に始められる決済サービスです。
もしかして「クレジットカードがないと、オンラインカジノは始められない」と思ってませんか?
そんなことはありません。

このペイトラがあれば、銀行口座のみで、オンラインカジノで有料で遊べます。
しかもこのペイトラ、初心者にはぴったりです。
なぜなら、操作が簡単でシンプルだからです。
オンラインカジノへの入金&出金&現金化をペイトラ一つで簡単に完了できます。
難しい作業は何もありません。
オンラインカジノをこれから始める人にも、ほかの決済サービスを使っている人にも、サクサク使いこなせる2020年注目の決済サービスです。
シンプルなシステムを求める人には、特に相性がいいと思います。

ペイトラの仕組み

ペイトラの仕組み

ペイトラの流れは非常に簡単です。
ペイトラは中間決済サービス、簡単に言えばユーザーとカジノの仲立ちです。
まずカジノユーザーはペイトラに入金します。
このとき円からドルに変換できます。
ですのでペイトラからすぐ、オンラインカジノに入金できます。
肝心の出金も簡単です。
カジノからペイトラに出金します。
するとその後、ペイトラからユーザーの銀行口座にすぐ振り込めます。
難しい操作は一切ないです。
初心者にもサクサク使いこなせます。

初心者の方には分からないかもしれませんが、多くのオンラインカジノはドルやユーロを使っています。
そのためほとんどの場合、銀行からの直接振り込みができません。
中間決済サービスが絶対に必要です。
もちろん、中間決済サービスはほかにも数多くあります。
たとえばエコペイズなどがそうです。
マイナーなイメージのペイトラですが、そういう著名な決済サービスに匹敵する性能です。
まず利用方法がシンプルです。
カジノから現金化する方法も銀行送金で安心です。

ペイトラの利用にはいくらかかるの?

ペイトラの利用は無料です。
アカウントの開設はもちろんしばらく使ってない場合の、休眠口座管理手数料も無料!
ポイントの送付や送金手数料も無料ですので安心して利用できます。
ただ一つ注意点があります。
為替レートは変動していますのでその点には気を付けてください。

こんなオンラインカジノで利用できる!

ペイトラは、ジパングカジノ、カジノジャンボリー、777Babyカジノで利用できます。
どのオンラインカジノも超有名で信頼できます。
なかでもジパングカジノは、二十四時間電話サポートがあるなど、最高に使いやすいオンラインカジノです。
もしオンラインカジノをこれからやりたいという人がいたら、誰もがおすすめするだろうところです。

またカジノジャンボリーや777Babyカジノも安心の有名どころ。
このあたりで利用できれば、中間決済サービスとしては問題ないでしょう。
もちろん中間決済サービスとしては、対応しているオンラインカジノが多い方とは言えないでしょう。
ですがこの三つに対応していれば不便さを感じることはないと思います。

登録は簡単!

登録は簡単

登録はとても簡単です。
よく登録が非常に面倒なサービスがありますが、ペイトラでは必要最低限のことを入力するだけ。
メールアドレスや、利用者の名義の登録をするだけです。
ただこの登録のとき、一つ注意があります。
ペイトラの利用者の名義と、銀行口座の名義は同じものにしましょう。
また、本人確認書類が必要です。

ここでも一つ注意があります。
本人確認書類を、スキャナーでスキャンしてしまうと、残念ながら受理されず時間がかかる可能性があります。
ですので本人確認書類は、スマートフォンのカメラや、デジカメなどで撮影し、添付するといいでしょう。

必要な情報を入力して、申請すれば、すぐアカウント登録が完了します。
ペイトラの場合、一時間程度で完了することがほとんどです。
アカウント登録の完了に一週間かかるなど、そういうことは一切ないのですぐ利用できます。

実際の利用もとても簡単!

利用画面はすごくシンプルです。
「Paytraに入金」の箇所をクリックし、簡単な操作を行うだけです。
三十分前後でドルとして入金されます。
ただここでも一つポイントがあります。
銀行の営業時間外に入金した場合には、翌営業日に処理されます。
その点には注意しましょう。

送金する場合も非常に簡単で「加盟店に送金」をクリック。
これだけで三十分ほどで送金処理が行われるのでとても簡単です。

もちろん、オンラインカジノからペイトラへの出金も簡単。
ジパングカジノであれば、「引き出し」を選択して、ペイトラをさらに選択、必要事項を入力して、引き出すだけです。

最後にペイトラからの現金化について書きます。
こちらも非常に簡単です。
ペイトラの「口座引き出し」をクリックして、引き出したい金額を入力してすぐです。

まとめ

ペイトラは初心者には特に優しい、操作が簡単でシンプルな決済サービスです。
「オンラインカジノをやりたいけど、難しいことは苦手だな」という人にはうってつけです。
オンラインカジノのデビューにはぴったりなサービスと言えるでしょう。

間近に迫っているギャンブルの開国

世界一魅力的なギャンブル

世界一魅力的なギャンブル

世界には様々なギャンブルがありますが、オンラインカジノほどの魅力を備えたギャンブルはないでしょう。
オンラインカジノは、ラスベガスなどにある本場のカジノをオンライン上で表現したギャンブルで、オンラインのギャンブルといえどもそのゲームのクオリティはとても高く、実際にカジノで遊んでいるような気持ちでプレイすることができます。
そして、オンラインカジノは無人のオンラインのギャンブルであるため、カジノ店のように営業時間、休業日が設けられていません。
365日24時間毎日いつでも好きな時にアクセス一つでギャンブルに参加できるので、ギャンブルのために店やレース場に足を運ぶ等、他のギャンブルでは必要となる手間を省くことができます。
しかも、ここ最近のオンラインカジノはスマートフォンにも対応しているので、時間も場所も気にすることなく、いつでもどこにいても気軽にギャンブルを楽しむことができるようになっています。

また、オンラインカジノは1億円を超える賞金を得るチャンスがあり、賞金の最大額はなんと20億円を超えます。
日本の宝くじの場合でも10億円にはそうそう届かないので、一攫千金を狙いたいのであれば、宝くじよりもオンラインカジノを選んだ方がいいと言えるでしょう。

オンラインカジノには他にも、97%以上のペイアウト率でギャンブルを行えたり、不明点についてのサポートが用意されていたりと、他のギャンブルと比べて魅力的な部分があります。
こうした他のギャンブルよりも魅力的な点が多いことから、オンラインカジノは世界一魅力的なギャンブルとして知られています。

オンラインカジノの人気は日本でも高まりを見せている

オンラインカジノの人気は日本でも高まりを見せている

オンラインカジノは、カジノを合法とする海外の国で運営されているギャンブルである為、日本での人気は海外と比べるとまだまだです。
ですが、日本におけるオンラインカジノの人気はゆっくりながらも右肩上がりに伸びています。

この日本における人気の理由は、日本語対応オンラインカジノが増えてきたことによるものでしょう。
オンラインカジノは世界的なシェアを得るために、早い段階から多言語化を進めてきました。
しかし、オンラインカジノが人気となり出した2000年初頭は、まだその多言語化に日本語が含まれていませんでした。
なぜならば、日本には賭博法という法律があり、公営ギャンブル以外のギャンブルが禁止されているからです。

しかし、その賭博法にオンラインカジノが当てはまらないことがわかると、少しずつ日本語対応のオンラインカジノが増えてきて、最近では日本語での表示はもちろんのこと、日本人スタッフを採用し、不明点は日本人スタッフに尋ねられるサポート体制を用意しているオンラインカジノも登場しています。

こうして日本人が利用しやすい環境が年々整ってきていることから、今後はより日本人プレイヤーの数が増えていくことでしょう。

IR整備推進案の成立によるオンラインカジノへの影響

IR整備推進案の成立によるオンラインカジノへの影響

IR整備推進法案という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。
正式な名称は、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案といいます。
こうした難しい言葉で聞くと、一体これはどんな法案なのだろうと思ってしまいますが、この法案こそがカジノ法案と呼ばれているものです。

IRというのは統合型リゾートの略です。
統合型リゾートというのは、商業施設や宿泊施設、スポーツ施設など様々な施設が入ったリゾートのことで、この統合型リゾートの目玉がカジノというわけです。
このIRの目的は観光客による経済の活性化です。
日本国内の観光客もそうですが、特に外国人観光客の獲得に力が入れられていて、そこでカジノの開設が浮上したのです。

初めのうちはカジノはギャンブルの中で依存性が強く、ギャンブル依存症に陥る可能性があるとカジノの開設に対し反対意見も多かったのですが、ギャンブル依存症への対策としてカジノの利用に様々な制限を設けることでその問題もクリアされました。

IR整備推進法案が成立したことによって、改めて注目を集めることになったのがオンラインカジノです。
カジノを合法としている海外の国の大半が、オンラインカジノの運営を認めています。
こうした海外のカジノを合法としている国のオンラインカジノの扱い方から、日本でもカジノの開設と共にオンラインカジノの合法化も行われるのではとの声が高まっています。

しかし、日本政府は自国のカジノ合法化は認めても、オンラインカジノは認めないとはっきりと明記しているので、カジノが開設されても、それに伴いオンラインカジノが日本で合法となることはないでしょう。
ですが、カジノ開設と同じくして合法になることはないと言っても、オンラインカジノの利用が違法になるというわけではありません。
現在オンラインカジノは賭博法に触れる点がないため、合法でも違法でもないグレーなギャンブルとなっています。
間に日本人または日本の業者が入りさえしなければ、利用したからといって法律違反で逮捕されることはありません。
その為、今後もしばらくの間、オンラインカジノは現在と同じグレーなギャンブルとして存在していくことになるでしょう。

ギャンブル業界全体における必須の対策

オンラインカジノは気軽に楽しめるコンテンツではありますが、ギャンブルであることは間違いありません。
そのため、オンラインカジノはどうしてもギャンブル依存症の問題と向き合わなければなりません。

国内に於いても、IR法案をきっかけにギャンブル依存症の問題がクローズアップされるようになりました。
結果、ギャンブル依存症に興味を持ったという方もいれば、すでにギャンブル依存症の方が多数いるということに改めて気づいたという方も多いようです。

ギャンブル依存症とは?

ギャンブル依存症とは?

そもそもギャンブル依存症とは、ギャンブルへの依存度が高い人を指します。
とにかくギャンブルをしていたい…そのため、ギャンブルに対しての見境がなくなっており、私財の多くを投入してのめりこんでしまうのです。
その結果、経済的な面のみならず、その他の様々な部分に於いて日常生活に支障をきたすようになってしまうことを指します。

ギャンブルにのめり込んでしまいすぎたがために、借金を作ってしまった人などもギャンブル依存症です。
借金は負担になるものです。
しかし、ギャンブル依存症の人にとっては、借金をしてでもギャンブルを楽しみたい気持ちになっています。
やがては身を亡ぼすことにもなりかねないギャンブル依存症は、自分自身だけではなく、周りの人間への悪影響という点も忘れてはなりません。

オンラインカジノとギャンブル依存症

オンラインカジノとギャンブル依存症

オンラインカジノもギャンブルである以上、ギャンブル依存症と無縁ではありません。
そして、オンラインカジノは基本的に海外のサービスになりますので、日本が行政レベルでオンラインカジノに対してあれこれ対策を立てるとは考えにくいです。

例えばパチンコであれば国内産業になりますので、行政レベルでギャンブル依存症に対してどうするのかという点を考えています。
ですが、オンラインカジノは日本のサービスではないだけに、行政が率先してオンラインカジノに対して…ということは考えにくいです。
とはいえ、オンラインカジノ業者側としても決して何もしていないわけではありません。

オンラインカジノは新しいシステムだからこそ

オンラインカジノはいわば最新システムです。
そのため、ギャンブル依存症に対しても最新システムという観点からアプローチしています。

例えばとあるオンラインカジノでは、ギャンブル依存症対策としてオンラインカジノの入金制限やログインできる時間を制限するシステムを導入しています。
つまり、あらかじめ設定したお金や時間を超えると、オンラインカジノを楽しめなくなってしまいます。
射幸心を煽りやすいのがギャンブルですが、ギャンブルそのものをユーザーからシャットダウンさせることで、ギャンブル依存症の危険性を軽減しようと考えています。

このように、決してオンラインカジノ側も何をしていないわけではなく、積極的にギャンブル依存症と向き合おうと考えています。

オンラインカジノでできることには限界がある

オンラインカジノでできることには限界がある

一方で、オンラインカジノができることに限界があるのも事実です。
これはオンラインカジノだけの話ではなくギャンブル全般に言えるのですが、ギャンブル側だけであれこれ考えるのではなく、あくまでもギャンブル、そしてサポート。それらが一体となってこそ、ギャンブル依存症を防げると考えています。
ギャンブル依存症はオンラインカジノとしてだけではなく、社会問題として捉えることが大切だと訴えているオンラインカジノもあります。

日本ではギャンブル依存症といえばパチンコを連想する人が多いかと思いますが、パチンコ業界もある程度努力しているとはいえ、大切なのはプレイヤー本人です。
中々プレイヤー本人では制御することができない問題だからこそ、ギャンブル依存症問題がクローズアップされると言っても過言ではないのですが、オンラインカジノ側としても先に紹介したシステムにあるように、決して何もしていないわけではありません。

ギャンブル依存症に対しての今後

一方で、今後はギャンブル依存症に対して日本国内では制度化されていくことが予想されています。
なぜなら、IRも導入されることになり、真剣にギャンブル依存症を考える局面となっているからです。

オンラインカジノもギャンブルである以上、ギャンブル依存症の問題とは無縁という訳にはいきません。
その為、今後オンラインカジノの人気が高まれば高まるほど、日本の行政が主導するギャンブル依存症対策に、オンラインカジノも入っていく可能性が考えられます。

まとめ

オンラインカジノはギャンブルですので、ギャンブル依存症の問題とは隣り合わせです。
極論すれば「ユーザーの責任」ではありますが、決してオンラインカジノとしてもなにもしていない訳ではありません。
また、今後ギャンブル依存症に対しての環境が整えられていくことも予想されていますので、オンラインカジノもまた、安心して楽しめる環境が整えられていくといっても過言ではありません。

質の良さと公平性で人気のソフトウェア

プレイテックはオンラインカジノを代表するソフトウェアの一つです。
高い完成度から、プレイテックに変更するオンラインカジノもあるほど。

プレイテックだからこそ遊んでいるというプレイヤーもいることからも分かるように、大きな存在感を発揮しているソフトウェアですが、プレイテックがどのような特徴を持つソフトウェアなのかについて、様々な角度からチェックしてみました。

プレイテックの特徴はクオリティの高さ

プレイテックの特徴はクオリティの高さ

プレイテックの特徴として、クオリティの高さが挙げられます。
オンラインカジノにおいて、プレイヤーにとってはどれだけ利益を得られるかが大切ですが、決して利益だけではなくゲーム性も楽しみたいと考えているプレイヤーも多いです。

プレイテックはそんなプレイヤーからのニーズを敏感に察知し、上質感のある流麗なグラフィクやBGMを用意。
それまでのオンラインカジノには無かったものを提供することで、多くのファンを獲得しました。
オンラインカジノのプレイヤーは利益はもちろんですが、ゲーム性を楽しみたいとの思いもあったのでしょう。
その点に正面から応えたことで、プレイテックの存在感は高まりました。

しかし、プレイテックの存在感が高まった理由はそれだけではありません。

プレイテックは「安心できる」と知れ渡った

プレイテックが高い人気を集めている理由は上質なゲームもあるのですが、それ以上に「信頼感」が挙げられます。

まず、プレイテックはTSTから認定を受けています。
TSTとは「Technical Systems Testing」の頭文字を取ったもので、オンラインカジノだけではなく、宝くじなど各種ギャンブルについて公平性をチェックする機関です。
付け加えるなら、プレイテックとは無関係の企業です。

TSTは厳格な審査をすることで知られていますが、プレイテックの子会社だったり、あるいは関連企業であれば審査の信頼性が損なわれてしまいます。
しかし、上でも書いた通りプレイテックとTSTは別物どころか、無関係です。
無関係の厳しさに定評のある第三者機関から、「公平なギャンブル」だと評価を受けているので、高い人気を集めていると考えることができるのではないでしょうか。

オンラインカジノは大きな利益を狙える点が人気の理由ですが、公平でなければ利益を狙えません。
利益を狙えるのは、公平という大前提があってこそです。
そして、自ら「うちは公平です」とアピールしたところで、決して公平性のアピールにはなりませんが、信頼できる第三者、TSTから認定を受けていますので、安心できるソフトウェアと考えて良いのではないでしょうか。

プレイテックを採用するオンラインカジノが増えている

プレイテックを採用するオンラインカジノが増えている

信頼できるからこそ、プレイテックを採用するオンラインカジノが増えているのも頷けるのではないでしょうか。

現実問題として、オンラインカジノを運営する業者は増えています。
インターネットで気軽に楽しめるオンラインカジノは、世界中で高い人気を集めるに至っています。
その為、運営業者自体も増えていますので、業者側としてもどうすれば多くのユーザーを獲得できるのかを考えています。

その判断材料の一つがソフトウェアです。
オンラインカジノのソフトウェアを制作している会社もまた、オンラインカジノ業者同様多々ありますので、どのソフトウェアを採用するのかによってもまた、評価が変わります。
プレイテックが多くのオンラインカジノ業者から採用されているのは、上質感、そして信頼感。この両方を備えているからこそと言っても良いでしょう。

それだけに、実に多くのオンラインカジノ業者がプレイテックを採用すると共に、それまでは違うソフトウェアを採用していたものの、プレイテックに変更した業者も多々あります。

プレイテックはユーザーへの配慮も忘れない

プレイテックはユーザーへの配慮も忘れない

プレイテックがユーザーから高い評価を得ている理由の一つに、不正まがいのユーザーへの厳しい処置も挙げられます。
プレイテックでは、ボーナスを乱用するユーザーに対して、他のプレイテックを採用しているオンラインカジノでもアカウントを作れなくするなど、厳しい処置を取っています。
「不正してもバレなければOK」ではなく、不正をしっかりと管理し、疑わしいユーザーは処分していますので、ユーザーからの不公平感も出ません。

このような毅然とした態度は、処分された側からは「厳しい」との声が上がる一方で、健全にプレイテックのオンラインカジノを楽しんでいるユーザーからは「ありがたい」との声も上がっています。

まとめ

なぜプレイテックが多くのオンラインカジノから採用されているのか分かっていただけたのではないでしょうか。
ユーザー、そしてオンラインカジノ業者の双方から信頼されているとあって、採用するオンラインカジノも増えています。
最も勢いのあるソフトウェアと言っても過言ではないだけに、今のうちにどのようなオンラインカジノがプレイテックなのかをチェックしておくのもよいかもしれません。

オンラインカジノに関する今後の展望

海外のオンラインカジノはどんどん増えていく

海外のオンラインカジノはどんどん増えていく

海外では今後もオンラインカジノが次々と作られるようになるでしょう。
その理由として、オンラインカジノは儲かるという評判が多く出ているためです。
オンラインカジノに参入していないギャンブル関連の会社が、オンラインカジノが儲かると聞けばすぐに準備を進めることになるでしょう。

ただ、オンラインカジノが増え続けてしまうと、多くのオンラインカジノから1つを選ばなければならないユーザーは大変です。
複数のオンラインカジノでアカウントを作成してもいいのですが、アカウントを残し続けるのは個人情報の観点で危険な場合もあります。
オンラインカジノを絞り込むのはかなり難しいところでしょう。

オンラインカジノの関連サイトは更に増加する可能性が高い

オンラインカジノに関しては、今後も新しいサイトがどんどん増えると予想されます。
その理由は、オンラインカジノが現在でも次々と登場しており、新規ユーザーを集めようとしているためです。
儲かる可能性が高いと判断され、ライセンスを取得しやすい国も登場したため、どんどんオンラインカジノを作る動きは加速していくでしょう。

ただ、オンラインカジノを作りやすい状況となった場合、危険なオンラインカジノが登場する可能性もあります。
特に気を付けたいのがオンラインカジノのように見せかけた詐欺サイトです。
登録すると危ないサイトに情報が伝わるようになっており、個人情報が悪用されてしまいます。
さらにメールアドレスには危ないメールが大量に入るようになったり、架空請求のメールが届く場合もあります。
中には海外のサイトを利用して日本人が詐欺サイトを作るケースもあるため、今後もオンラインカジノのような詐欺サイトは大量に作られる可能性があります。

オンラインカジノの関連サイトは更に増加する可能性が高い

その一方で、ライセンスを提供しやすくなった現代では、更にオンラインカジノが大量に増える可能性も捨てきれません。
特にライセンスが甘いとされている国では、ライセンスを求めて世界各国から申請が届く場合もあります。
オンラインカジノはその国に運営元があれば問題ないので、運営するオフィスさえ作ってしまえば簡単にライセンスの申請が可能です。
こうした状況をしっかり作って、オンラインカジノのライセンスを得ようとする会社が増えていくでしょう。

オンラインカジノが増えるのは、ユーザーにとっていい部分もありますが、悪い面も当然出てしまいます。
悪い面としては、オンラインカジノの選択に間違いが生じて、もっと利益が出やすいオンラインカジノを見過ごしてしまう点です。
一方で新しいオンラインカジノは、他のオンラインカジノよりもサービスをいいように調整しているのです。
このいい調整をしているからこそ、オンラインカジノが増えた場合、切り替えられる可能性が生まれるかもしれません。

オンラインカジノが増えると競争も過熱する

オンラインカジノの増加によって起きるのが競争です。
オンラインカジノごとの競争が過熱して、ユーザーをどのように集めていくかが注目されます。
日本人を狙っていくオンラインカジノもさらに増えることが予想されており、これまで日本人に強いとされたジパングカジノとしてもうかうかしていられない状況に陥るでしょう。
それだけオンラインカジノの増加は、大手とされるオンラインカジノでさえ苦戦する可能性が十分にあります。

これから登場するオンラインカジノは、今までのオンラインカジノの状況をしっかり見ているため、あらゆる情報を得ている状態で起ち上げられます。
オンラインカジノが登場して間もない時は、どのオンラインカジノもサービスを提供する方針に苦労していましたが、今は知られているサイトの真似をしておけば問題ないと判断されます。
従ってある程度問題なくサービスを提供し続けられる可能性があるのです。

オンラインカジノが増えると競争も過熱する

さらに、オンラインカジノのサービスをよりよいものへと変えていくため、より多くのサービスを提供できる環境を整備していくのです。
もちろんサービスを提供していくためには、開発能力も必要となります。
オンラインカジノのサービスをさらにいいものへと変えていくためのプログラムだったり、ソフトウェア開発に必要な会社との提携を実施して、いいサービスを提供していくような方針をしっかりとっていくでしょう。

現在のオンラインカジノは、いいサイトの真似をしておけばある程度は問題ないと判断されています。
その状況は今後も続くと予想されますが、その反面、オンラインカジノで遊び続けてもいいのか不安に感じる方もいるでしょう。
新しいオンラインカジノは、サービス面での不安が多くあるため、これからも老舗とされるオンラインカジノは重要な立場として扱われるでしょう。

海外のオンラインカジノ動向には気を付けておく

オンラインカジノの動向は常にチェックしておくことと、できる限り海外の情報を仕入れて、最適なオンラインカジノを見つけておきましょう。
特に最新ゲームやソフトウェアの状況は情報サイトを活用して理解しておくほうが望ましいのです。

オンラインカジノが持つ秀でた特徴

オンラインカジノとはどんなギャンブルなのか

オンラインカジノとはどんなギャンブルなのか

オンラインカジノは、とても人気のギャンブルの一つです。
世界中で人気となっており、約8千万人以上のプレイヤーが存在しており、非常に魅力的なギャンブルです。
今現在、日本で一番人気のあるギャンブルといえばパチンコというイメージがあります。
20年前にはパチンコ人口は多かったのですが、現在はパチンコの人口は減っています。

逆にギャンブル人口が増えているものもありますが、その一つがオンラインカジノです。
日本では、まだまだ認知度が低いところがありますが、日本人プレイヤーも増加しており、日本語対応のオンラインカジノも増えてきています。

そこで、こちらのオンラインカジノはその他の日本の公営ギャンブルとはどのような点で違いがあるのでしょうか。
具体的な違いをご紹介します。

オンラインカジノの還元率は97%と高い

オンラインカジノのペイアウト率についてですが、97%以上と、かなり高い数値になっています。
他のギャンブルと比較しても、オンラインカジノのペイアウト率は圧倒的に高く、実はギャンブルの中では一番損をしにくいギャンブルです。

では、どうしてこのような高い還元率にすることができるのかというと、それにはからくりがあります。
実際パチンコの還元率も低いわけではないのですが、それでも85%程度となっています。
パチンコの還元率がこの程度までにしかならないのは、人を収容する大きな施設が必要だからです。
そして、パチンコはその店舗ごとの人件費もかかります。

一方、オンラインカジノだと店舗を持たないギャンブルですので、場所を必要としません。
そして、ルーレットやブラックジャックなどのライブカジノでも、その場所を用意すればいいだけで人件費は最低限で済むのです。

さらにオンラインなので1度にたくさんの人が参加できるという特徴があります。
パチンコのように、店舗ごとに人を雇う必要がなく、だからこそ高い還元率を維持することが出来るのです。
そして、宝くじは一攫千金のイメージがありますが、実は人件費がかからないのにも関わらず、還元率は45%程度しかありません。

オンラインカジノはその他のギャンブルとは違い、特殊なギャンブルですので、それだけ還元率なども高く設定されていて、プレイヤーにはチャンスが広がっているのです。

超高額賞金が当たるチャンスが有るということ

超高額賞金が当たるチャンスが有るということ

オンラインカジノの一番の魅力は高額な賞金が当たるチャンスがあるということです。
オンラインカジノは、1ドルから遊ぶこともできますが1億円が当たるということも夢ではありません。
実際にスロットでジャックポットで、約4億3300万円たった1分で獲得したプレイヤーが存在しており、話題となりました。

オンラインカジノは、たった1ドルで1億円以上が当たるチャンスがあり、夢があると言えます。
日本人でもオンラインカジノのスロットで高額賞金を当てていますし、高額賞金をあてた日本人としてニュースで話題となりました。
また、公表されていないだけで、高額賞金を獲得しているプレイヤーはたくさんいると考えられています。

オンラインカジノは、一回プレイするだけで数百万円・数千万円が当たりますので、これは日本のパチンコやスロットにはない魅力です。
他のギャンブルと比較しても賞金額が莫大な金額であり、プログレッシブジャックポットシステムで、積み立てられた賞金が当たる仕組みがありますので、大きく稼げるチャンスが有るのがオンラインカジノの魅力となっています。

24時間楽しめるオンラインカジノ

オンラインカジノには営業時間が決まっておらず、24時間365日遊べるというのが大きなメリットです。

たとえば、パチンコの営業時間は、午前10時から午後11時ごろまでになっています。
でも、夜からギャンブルを楽しみたいという時ってあると思います。
それに仕事が忙しければ、パチンコ屋に行くことがしんどかったりすることもあります。
しかし、オンラインカジノなら、家のベッドで横になりながらギャンブルが楽しめるのです。

更には、日本で24時間遊ぶことが出来るギャンブル施設はありません。
このため、いつでも遊べるギャンブルとなると海外となってしまうのですが、それでは気軽に遊ぶことができません。

オンラインカジノは、24時間いつでも遊ぶことができる上に移動をすることもなく、スマートフォンやタブレットなど、インターネット環境さえあればいつでも遊べるという手軽なギャンブルなのです。
時間や場所を問わず遊べるというのが非常に大きなメリットです。

日本国内での法律的な側面

日本国内での法律的な側面

オンラインカジノ以外のギャンブルは、日本の公営ギャンブルということもあり、法律のもとで運営されています。
しかし、オンラインカジノについては海外で運営されていますし、日本の法律で、カジノは正式に認められていません。
従って、オンラインカジノは、違法でも合法でもないグレーゾーン的な位置づけになっています。

より良いギャンブルになる為の要解決事案

社会問題となっているギャンブル依存症

オンラインカジノは、とても刺激が強いギャンブルの一つです。
そういった事情もあり、ギャンブル依存症問題を抱えています

社会問題となっているギャンブル依存症

ギャンブル依存症とは名前の通りギャンブルに依存してしまう症状で、一つの病気です。
一度依存症に陥ってしまえば、専門機関での治療が必要となり、けして一人では解決できない問題です。

ギャンブル依存症に陥ってしまいやすい理由として、オンラインカジノは勝ち負けの波が激しく、差がとても大きいという理由があります。
オンラインカジノは、さらにクレジットカードから入金が可能です。
口座に残高がなかった場合でも後払いという形でチップの購入が可能です。
このため、負けてしまい、損失を取り戻したいという気持ちで、限度額を超えて使いすぎてしまいます。

オンラインカジノはあくまでもギャンブルであり、借金返済のために始めたり、あるいは借金をしてまでプレイをすることは避けておくべきです。
オンラインカジノは常に運営側が儲かる仕組みになっていて、最終的にプレイヤーが損をしてしまいます。
このため、必ず余裕のある資金で行うようにして、ギャンブルにはまり込みやすい人はオンラインカジノに手を出さないようにしましょう。

スパム広告とオンラインカジノのイメージの問題

オンラインカジノはその他にも問題を抱えていますが、そのうちの一つがスパム広告の問題です。

オンラインカジノのスパム広告を見かける機会は多いと思いますが、悪質なオンラインカジノ業者により、こういった行為が見受けられます。
掲示板に無差別に貼り付けられたり、またブログのコメント欄に貼り付けられることもあるようです。
スパムメールが送りつけられるというケースも多く、こちら側でパソコンの設定を変えなければ、防ぎ切ることは出来ません。

こういったスパム広告が増えることで、オンラインカジノ業界のイメージはどんどん下がっていきます。
現にオンラインカジノにマイナスなイメージを持っている方はとても多いです。
一部の悪質なカジノ業者のために、オンラインカジノ全体がマイナスなイメージで見られてしまうのはとても悲しいことです。
また、スパム広告の蔓延は、サイトの評価が下がってしまうことにもなり、社会問題ともなっています。

オンラインカジノのサービス水準の低さ

オンラインカジノのサービス水準の低さ

オンラインカジノは、まだ新しいギャンブルということもあり、サービス意識が薄い部分があります。
このため、トラブルが起きてしまった場合も、その解決に時間がかかってしまったり、サポートのコミュニケーションが上手く行かず、大変な思いをすることもあります。

オンラインカジノの入出金に関しても、トラブルは多いと言われています。
オンラインカジノのサービスの水準は低く、まだまだ改善点が山のようにあります。
ぞんざいな対応を受けることもあれば、日本語が上手く通じなかったり、サポートに無視をされたりすることもあるようです。
ストレスを溜めずにオンラインカジノで遊びたいというのなら、サポート体制がしっかりとした知名度の高いオンラインカジノを選ぶようにしましょう。

オンラインカジノとインカジの問題点

オンラインカジノを提供している「カジノカフェ」というお店があり、インカジとも呼ばれています。
こちらのインカジの摘発が相次いでいることは社会問題の一つです。
オンラインカジノは法律的にグレーゾーンですが、インカジは完全に違法となっています。

オンラインカジノを提供する店が増えることによって、オンラインカジノそのものが違法ではないかと勘違いをする方も増えています。
オンラインカジノそのものは海外で合法的に運営されているので、違法とは言い難く、日本ではグレーゾーン的な位置づけとなっています。
しかし、これを提供しているお店については完全な違法ですので、この境目が曖昧にならないようにしなければなりません。

オンラインカジノについてよく知らない方は、インカジに手を出してしまうこともあるでしょう。
こういったインカジがひっそりと営業されるようになり、初心者が訪れるようになってしまうことは避けなければなりません。

オンラインカジノと悪質カジノの存在

オンラインカジノには、たくさんのカジノがあり、中には優良カジノと言い難い悪質カジノも存在しています。

オンラインカジノと悪質カジノの存在

悪質カジノはライセンスを取得しておらず、違法なカジノです。
不正やイカサマを行っており、プレイヤーを勝たせない、また払い戻しをせずに閉鎖してしまったり、プレイヤーを無視すると言った行為を行っています。
オンラインカジノによっては、個人情報を悪用するような悪質カジノもあるようです。
そういったところに登録をしてしまえば、プレイヤーは大損をしてしまうことになります。

オンラインカジノの世界は玉石混交であり、ある程度自分で見極めなければ、被害に遭ってしまう可能性があるので、気をつける必要があります。

オンラインカジノは危険なギャンブルではない

ネットニュースなどをチェックすると、よく目にするのがオンラインカジノです。
オンラインカジノとは、いわゆるラスベガスのリアルカジノとは異なり、ネット上で遊ぶオンラインゲームのことを指しています。
サラリーマンの副業として注目されていますが、気になるのは「オンラインカジノは本当に悪なのか」という問題。オンラインカジノのすそ野を探検しに出かけてみましょう。

オンラインカジノは犯罪者が扱うモノなのか?

オンラインカジノは犯罪者が扱うモノなのか?

日本ではまだまだ歴史が浅いオンラインカジノですが、アメリカやヨーロッパなどの諸外国ではオンラインカジノが当たり前のように根づいています。
週末はピザを片手に深夜遅くまでオンラインカジノを楽しむ夫婦やカップルも多く、日本と比べてオンラインカジノはとても開放的な存在として位置づけられているのです。

オンラインカジノと検索すると『犯罪』『違法』といったマイナスイメージの言葉がヒットすることもあります。
オンラインを体験していない方にとって、こうした負の印象があるカジノは、正直あまり取っつきたくないもの。
実際はクリーンで綺麗な世界なのですが「オンラインカジノをしていると捕まる」「犯罪者になって会社を首になる」というウワサがネット上に流れているため、言葉どおりオンラインカジノは危険という方程式をそのまま鵜呑みにしているユーザーが多いのも事実です。

日本はいま統合型リゾートの建設に向けて、法律を改正しつつあります。
つまり日本の国が「カジノ」に対して肯定的な見方をしているということ。
カジノ=悪という方程式は、数年のうちに排除されていく見通しです。

大切なことは正しい知識を身に着けて賢く稼ぐということ。
本物のカジノのように沢山のお金をかけることができるオンラインカジノは、まさにサラリーマンにとって一攫千金のチャンスがおおいにあるマネーゲームなのです。

実際に逮捕者はいるのか?

実際に逮捕者はいるのか?

とはいえオンラインカジノをおこなう方にとって、実際にオンラインカジノをおこなっていて逮捕された人がいるのかどうかは紛れもなく知りたい事実。
2016年3月にはイギリスの会社が運営しているオンラインカジノを使って遊んでいたユーザーが警察に逮捕されるという事件が起こっています。

逮捕されたのは男性3人で60代の会社社長と30代無職の男性、30代のデザイナー職の男性となっています。
オンラインカジノを楽しんでいるのは20代~60代の幅広い世代の男性が多い為、次は俺のところに警察が来るのではないか…ビクビクしたカジノファンも多かったはずです。

3人が遊んでいたのはイギリスの大御所サイト「スマートライブカジノ」と呼ばれるオンラインカジノです。
マニアの間では特に有名なサイトで、ルーレットやブラックジャックなどの定番ゲームを複数賭けることができます。

この逮捕劇の決め手となったのは警察が「日本人向けの営業をおこなっていると判断した」という点です。
現在日本のオンラインカジノに対する法律は白黒どっち付かずのことが多く明確な決まりがありません。
ただ日本で賭博行為は禁じられているため「日本人向けに開設されたサイト」には例え海外のオンラインカジノ業者であっても、警察から罰せられる可能性が出てきているのです。

スマートライブカジノでは
「日本語の話せる日本人ディーラーが逮捕当時相手をしていたこと」
「日本人がお金を賭けやすい夜~深夜の時間帯に会場が設けられていたこと」
以上の2点が「日本人向けの営業をおこなっていたこと」の起訴事実として認識されていたようです。

逮捕例は特殊なケースだった!

逮捕例は特殊なケースだった!

オンラインカジノで実際に逮捕者が出たというニュースを聞くと「やっぱり何だかんだ言ってカジノって怖いな」「逮捕されたらシャレにならん!」と思う方もいるかもしれません。
けれども日本国内や世界中では、数百万人単位でオンラインカジノファンがいます。
こんなに沢山の方が毎晩賭けていることを考えると、検挙されて逮捕されている方の数はごくひと握り。
あきらかに「逮捕される確率」より「逮捕されない確率」の方が少ないことがわかります。

オンラインカジノ逮捕者のニュースは多くて1年に1回程度しかおこなわれないため、逮捕されるというニュース自体がとても稀なケースなのだということを認識しておきましょう。

サイバー警察の手柄にしたかった?

また2016年の逮捕劇の裏には「サイバー警察が手柄として実績を残したかった」という裏話も眠っています。
逮捕をおこなったのは京都府にあるサイバー犯罪の対策課という部署です。
サイバー犯罪の専用部署は近年つくられたものですが、知名度の低さから分かるようにお手柄は上げていません。

コレを何とかばん回しよう・世間にイイところを見せてやろうとやり玉に挙がったのが、今回のスマートライブカジノの逮捕劇なのです。
もし本気で警察がオンラインカジノファンを逮捕したいのであれば、連日のように新聞やニュースはこの話題で持ちきりになるはずです。

オンラインカジノは犯罪の温床でもなく、正しく遊べば清く正しく遊べるゲームです。
ぜひ節度をわきまえて大人の遊びを楽しんで欲しいと思います。