間近に迫っているギャンブルの開国

世界一魅力的なギャンブル

世界一魅力的なギャンブル

世界には様々なギャンブルがありますが、オンラインカジノほどの魅力を備えたギャンブルはないでしょう。
オンラインカジノは、ラスベガスなどにある本場のカジノをオンライン上で表現したギャンブルで、オンラインのギャンブルといえどもそのゲームのクオリティはとても高く、実際にカジノで遊んでいるような気持ちでプレイすることができます。
そして、オンラインカジノは無人のオンラインのギャンブルであるため、カジノ店のように営業時間、休業日が設けられていません。
365日24時間毎日いつでも好きな時にアクセス一つでギャンブルに参加できるので、ギャンブルのために店やレース場に足を運ぶ等、他のギャンブルでは必要となる手間を省くことができます。
しかも、ここ最近のオンラインカジノはスマートフォンにも対応しているので、時間も場所も気にすることなく、いつでもどこにいても気軽にギャンブルを楽しむことができるようになっています。

また、オンラインカジノは1億円を超える賞金を得るチャンスがあり、賞金の最大額はなんと20億円を超えます。
日本の宝くじの場合でも10億円にはそうそう届かないので、一攫千金を狙いたいのであれば、宝くじよりもオンラインカジノを選んだ方がいいと言えるでしょう。

オンラインカジノには他にも、97%以上のペイアウト率でギャンブルを行えたり、不明点についてのサポートが用意されていたりと、他のギャンブルと比べて魅力的な部分があります。
こうした他のギャンブルよりも魅力的な点が多いことから、オンラインカジノは世界一魅力的なギャンブルとして知られています。

オンラインカジノの人気は日本でも高まりを見せている

オンラインカジノの人気は日本でも高まりを見せている

オンラインカジノは、カジノを合法とする海外の国で運営されているギャンブルである為、日本での人気は海外と比べるとまだまだです。
ですが、日本におけるオンラインカジノの人気はゆっくりながらも右肩上がりに伸びています。

この日本における人気の理由は、日本語対応オンラインカジノが増えてきたことによるものでしょう。
オンラインカジノは世界的なシェアを得るために、早い段階から多言語化を進めてきました。
しかし、オンラインカジノが人気となり出した2000年初頭は、まだその多言語化に日本語が含まれていませんでした。
なぜならば、日本には賭博法という法律があり、公営ギャンブル以外のギャンブルが禁止されているからです。

しかし、その賭博法にオンラインカジノが当てはまらないことがわかると、少しずつ日本語対応のオンラインカジノが増えてきて、最近では日本語での表示はもちろんのこと、日本人スタッフを採用し、不明点は日本人スタッフに尋ねられるサポート体制を用意しているオンラインカジノも登場しています。

こうして日本人が利用しやすい環境が年々整ってきていることから、今後はより日本人プレイヤーの数が増えていくことでしょう。

IR整備推進案の成立によるオンラインカジノへの影響

IR整備推進案の成立によるオンラインカジノへの影響

IR整備推進法案という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。
正式な名称は、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案といいます。
こうした難しい言葉で聞くと、一体これはどんな法案なのだろうと思ってしまいますが、この法案こそがカジノ法案と呼ばれているものです。

IRというのは統合型リゾートの略です。
統合型リゾートというのは、商業施設や宿泊施設、スポーツ施設など様々な施設が入ったリゾートのことで、この統合型リゾートの目玉がカジノというわけです。
このIRの目的は観光客による経済の活性化です。
日本国内の観光客もそうですが、特に外国人観光客の獲得に力が入れられていて、そこでカジノの開設が浮上したのです。

初めのうちはカジノはギャンブルの中で依存性が強く、ギャンブル依存症に陥る可能性があるとカジノの開設に対し反対意見も多かったのですが、ギャンブル依存症への対策としてカジノの利用に様々な制限を設けることでその問題もクリアされました。

IR整備推進法案が成立したことによって、改めて注目を集めることになったのがオンラインカジノです。
カジノを合法としている海外の国の大半が、オンラインカジノの運営を認めています。
こうした海外のカジノを合法としている国のオンラインカジノの扱い方から、日本でもカジノの開設と共にオンラインカジノの合法化も行われるのではとの声が高まっています。

しかし、日本政府は自国のカジノ合法化は認めても、オンラインカジノは認めないとはっきりと明記しているので、カジノが開設されても、それに伴いオンラインカジノが日本で合法となることはないでしょう。
ですが、カジノ開設と同じくして合法になることはないと言っても、オンラインカジノの利用が違法になるというわけではありません。
現在オンラインカジノは賭博法に触れる点がないため、合法でも違法でもないグレーなギャンブルとなっています。
間に日本人または日本の業者が入りさえしなければ、利用したからといって法律違反で逮捕されることはありません。
その為、今後もしばらくの間、オンラインカジノは現在と同じグレーなギャンブルとして存在していくことになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です